旅行

国際線何時間前に空港到着がギリギリ?ANA・JAL航空会社各社一覧

国際線を利用する場合、慣れていないので不安だなという方も多いのではないでしょうか。

何時間前に着かなければギリギリになってしまうのか心配な方もいらっしゃると思います。

国際線は国内線の時に比べると荷物も多く、搭乗までに気をつけるべき点が多いのも事実です。

今回こちらではJAL、ANA、その他航空会社を利用される方がどれくらい前に空港に着いておけば良いのか、また注意する点も合わせてご紹介したいと思います。

おちゃこ
おちゃこ
国際線で飛行機に遅れてしまっては大変です。
航空会社によって違うので気をつけましょう。

国際線は何時間前に到着すればOK?

  • 出発の3時間前
    国際線初心者、空港で両替などやるコトがある方、買い物を楽しみたい方は早めの3時間前をお勧めします。
  • 出発の2時間前
    一般的に旅行会社や航空会社が推奨している時間です。
  • 出発の1時間半前
    仕事などの都合で時間に余裕がない方、早朝便ご利用の方はいたしかたないと思います。
    ギリギリ間に合う時間ですが、何かトラブルが起こることを考えるとあまりお勧めできません。

ANA・JAL国内線の何分前?

通常期:2時間くらい

繁忙期:通常期のプラス1時間ほど

ANA

2時間前

ANAが就航しているのは国際線を有するような大きな空港が多いため、空港に到着してからANAカウンターを探す時間なども考えて、行動したいところです。

JAL

2時間前

JALもANA同様、2時間前を推奨しています。

混雑した場合でも2時間前だと余裕を持って手続きすることができます。




LCC利用時は空港に何分前到着?

LCCの飛行機は通常とは違うターミナルの発着になります。

電車やバスで空港についたら、そこからさらに空港の連絡バスを使い別のターミナルに行くことになります。

待ち時間やバスの場所を調べるのにも時間がいるので、3時間前など、結構余裕を持った方がいいです。

JALやANAですと少しくらい時間に遅れても対応してくれるのですが、LCCは時間にとても厳しいです。

繁忙期ははプラスで1時間程度余裕を持ってください。

エアドゥ

国内線は出発の20分前までに搭乗手続き、チェックインが必要となります。

スターフライヤー

空港カウンターでの搭乗手続き・チェックイン

開始時間:2時間半前

ソラシドエア

国内線は出発の20分前までに搭乗手続き、チェックインが必要となります。

スカイマーク

空港カウンターでの搭乗手続き:チェックイン2時間前

ピーチ(Peach)

空港カウンターでの搭乗手続き:チェックイン2時間半前

バニラエア

空港カウンターでの搭乗手続き:チェックイン開始時間2時間前

ジェットスター

空港カウンターでの搭乗手続き:チェックイン3時間前

春秋航空

空港カウンターでの搭乗手続き:チェックイン開始時間2時間前

  • 上記のようにLCCは搭乗手続き開始時間が2時間〜3時間前となっていますので、3時間前には空港に到着しておくと良いですね。

国際線は何時間前に到着するとギリギリ?

ANA・JAL国内線の場合

通常期:JALホームページには「便出発60分前までにご搭乗手続きをお済ませのうえ、ご搭乗口へは30分前を目安にお越しください。」との記載があります。
繁忙期:通常時のプラス1時間ほど




チェックイン時間に間に合わなかった場合はどうなる?

JALもANAもチェックインの締め切り時間は1時間前(成田40分前)ですのでその時間に間に合わなかった場合は下記のようになります。

  • 予約変更可能なチケットの場合
    予約を変更し、他の便へ振替をしましょう。
    値段が高い予約変更可能なチケットであれば、他の便に変更可能なので、問題なしですが、飛行機の出発時間の前に変更する必要があるので、航空会社に連絡するか、Webで変更しましょう。
  • 予約変更不可のチケット場合
    残念ながらお手元のチケットは紙切れ同然となってしまいます。
    それでも、搭乗予定の飛行機出発前に航空会社へ連絡するようにしましょう。
    出発前であれば、払い戻し手数料を払えばお金が戻ってくるチケットもありますし、もしかしたら何かいい方法が見つかるかもしれません。
    搭乗予定の飛行機出発後の場合は、本当にチケットは紙切れになり、払ったお金は1円も戻ってきませんのでご注意ください。

空港到着がギリギリだと分かった時点で行うことは?

旅行や出張で国際線を利用する際には何かとバタバタしてしまうと思います。

特に初めての空港利用だったりすると、遅刻してしまうことも多々あるのではないでしょうか。

JALもANAも比較的スムーズに登場するためのサービスが整っているので、遅刻が怖い場合はJALの「タッチ&ゴー」ANAの「オンラインチェックイン」「スキップ」などのサービスを利用してみましょう。

どうしても間に合いそうにない場合は、パックツアーの場合は旅行会社に、航空券だけの利用の場合はそれぞれの航空会社に連絡をいれましょう。

場合によっては他の便と変更してくれる可能性があるし、遅れた場合にどうすれば良いのかサポートしてもらうことも可能です。

JALもANAもサービス自体はとても迅速で良いものなので、遅刻しないに越したことはないですが、遅れそうな場合は早めに連絡しておくと良いです。

しかし、逆にLCC(格安航空券会社)などの格安航空旅行に慣れてる方には、JALやANAのサービスの手厚さが身にしみてありがたく思える事でしょう。

繁忙期の到着時刻には注意が必要?

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの繁忙期は空港が混雑しますので、どの方も3時間以上前には空港に着くよう向かいましょう。

国際線飛行機搭乗までの流れ

  1. 搭乗手続き
    空港に到着したら、まずはカウンターを探してチェックイン手続きを済ませます。
    ウェブチェックインする場合で、なおかつ荷物を預ける必要がない場合は、そのまま保安検査場に向かいます。
  2. 荷物を預ける
    預ける荷物がある場合は、カウンターで必要な手荷物以外を預けます。
    危険物や預けられないものがあったりすると後々呼び出されることがあるので、事前に預けられるものを明確にしておきましょう。
  3. 保安検査場を通過
    保安検査場を通過します。
    保安検査場でかかる時間は5分~10分程度です。
    しかし、繁忙期は大量の人が一気に押し寄せて行列となることも多いですし、特にJAL・ANAは人気なので混み合うことも考えて早めに通過しましょう。
  4. 搭乗ゲートへ
    搭乗ゲートはそれぞれの空港によって場所が異なります。
    予約した時もしくはカウンターでチェックインした時に搭乗券が発行されるので、そちらのゲートを事前に確認しておきましょう。
    あらかじめ利用する空港の案内図を見ておくと、時間短縮になります。




搭乗手続の時間を短縮するコツは?

オンラインチェックイン(ANA)/Webチェックイン(JAL)をしておく

事前に座席指定と、必要情報をご登録しておくと、空港での手続きをスムーズにできます。

搭乗の24時間前までに登録が完了していれば、自動でチェックインが完了し案内メールが送付されます。

事前に座席指定をしておく

航空券の種類によっては、購入時に座席を同時に指定できる場合があります。

もし、窓側や通路側といった希望があれば、先に座席を指定したほうが当日の空港で早くカウンターに並ばないといけないなどの手間を省くことできます。

ただし、事前座席指定ができる座席数は限られています。

また、航空券の予約クラスによって、旅行会社経由で購入したチケットなどだと、事前座席指定ができない場合もあります。

LCCの場合、最も安いチケットであると座席指定が有料であることがほとんどです。

その際も、当日に空港で航空券を受け取った際に判明する座席で一喜一憂するよりも、先に有料で座席指定しておいたほうが旅でのストレスも軽減されます。

手荷物は出来る限りコンパクトにしておく

自分が利用できる「手荷物の許容量」は、必ず事前にチェックしましょう。

もし、重量や個数などをオーバーしていた場合、空港のカウンターでやや高い追加料金を支払う必要があります。

特に、LCCでは手荷物に関するルールがとても厳格です。

もし手荷物が少なめなら、カウンターで預けずにそのまま機内に持ち込むのをおすすめします。

モバイル搭乗券だと、そのままゲートでの搭乗まで可能です。

到着した空港でも、預けた手荷物をターンテーブルで受け取る必要がなく、機内から出てすぐに目的地に向かうことができます。

自分の便の搭乗口までの移動時間を把握しておく

大きな空港では、チェックインしたカウンターから保安検査場、出国審査、そして搭乗口までかなり時間がかかることがあります。

自分の搭乗口がどこにあるのか、空港の案内図でまずは確認しましょう。

チェックインの際にカウンターのスタッフに聞くのも手です。

搭乗口までかかる時間を逆算し、免税店でのショッピングやラウンジで過ごす時間などを決めましょう。

特にLCCではメインターミナルから離れた“サテライト”と呼ばれるターミナルを利用する場合があり、徒歩でなく空港内を走るシャトルトレインなどに乗っていくこともあります。

韓国の仁川国際空港、香港国際空港などがこのケースで、移動時間がけっこうかかります。

くれぐれも余裕をもって行動するようにしましょう。

まとめ

  • JAL・ANAは各ホームページで出発の2時間前には空港に到着することを推奨しています。
  • LCCは搭乗ゲートが遠いですし、トラブルへのサポートがJAL・ANAと比べると手薄ですので3時間前には空港に到着することをオススメします。
  • 繁忙期はチェックインカウンター、保安検査など全てにおいて混み合いますので通常時のプラス1時間前に到着することをオススメします。
  • 時間短縮のためにオンラインチェックイン/webチェックインを事前にしておくと良いです。